柳川幼稚園NEWS

柳川幼稚園のサイトへ

運動会

9月29日(日)に行われた運動会の様子をお届けします。ご家族の皆様の温かい声援の中、子どもたちの笑顔あふれる一日になりました。

なんといっても、運動会のいちばんの見どころ、「かけっこ」です。小さな手を一生懸命振りながら走っている子どもたちは、本当にいとおしいものです。。

 

また、だんだん成長するにつれて、たくましい走りになっていくのにも、驚かされます。

 

こちらは、おさるさんになりきっているつぼみ組(2歳児)のおともだち「モンキッキーズ」です。可愛いしっぽでしょう?

 

小さな身体でも、がんばる力はいっぱい!鉄棒やマットなど、いろんな力を見せてくれました。会場の皆さんからも、「かわいい・・・!でも上手ねえ・・・」とのお声が。

 

次は、はな組(3歳児)さんのイス体操。昔懐かしいアニメ「トムとジェリー」のジェリーになりきっています。可愛い茶色のお耳と、茶色のしっぽがついているんですよ。

 

これは、「ジェリーポーズ」なんとも愛らしい姿です。「ぼく、ジェリー・・・小さいけれど、かしこくて、強いんだよ!」

 

手足も強くなって、バランス感覚も日ごとに上達してきました。これからの成長に生かしてほしいものです。

 

こちらは、ほし組(4歳児)さんのパラバルーン、「レッツゴー、いいことあるさ」これは、「ふうせん」です。みんなで気持ちを一つに大きく、大きくふくらませます。

 

次は、メリーゴーランド。中に先生が入っているのですが、本当にメリーゴーランドのようでしょう。腕を高く上げて、ぐるぐると回っているのです。

 

最後の花火。バルーンの中央から、きれいなおかざりが、まるで花火のように上がります。会場からも大きな歓声が沸き起こりました。心を一つにすること、タイミング、腕の力、・・・とさまざまな収穫のあったプログラムでした。

 

さあ、いよいよつき組(5歳児)さんの組体操。一人の演技からはじまり、二人組、三人組、6人組・・・大技まで、目が離せません。

 

これは、一本橋。ダイナミックな音楽に合わせて、見事な出来栄えです。腕の力、足の力、身体を静止させる力・・・すべてがそろって初めて、きれいな全体演技となります。

 

最後の「柳川城」本当にがんばりをみせてくれたつき組さんたちでした。この周りで、しっかりとポーズをとっていたお友だちの姿も印象的でした。

 

全園児のお遊戯「ココ・ナッツ」大きいお友だちと小さいお友だちの二人組(ペア活動)で踊っています。とてもキュートで愉快なおダンスで、みんなノリノリ、にこにこでした。

 

最後に、紹介するのは、ご家族の皆さんにたくさんんご参加いただいたふれあいのダンス「ブロックandアタック」バレーボールの選手になりきって、思いっきり楽しみました。子どもたちも大喜び。運動会ならではの楽しい心の通い合うプログラムとなりました。

皆さんのご協力に大変感謝した一日でした。子どもたちはお家に帰ってからも、きっと「今日はがんばったね、じょうずだったよ・・・」とお声をかけてもらったことでしょう。この運動会の取り組みで得た、自信と達成感を、ぜひこれからの成長につなげてほしいですね。これからも、ご家庭と園としっかりと手を結び、子どもたちを温かく包み、応援していきたいものです。

 

 

 

 

2013年9月30日

運動会ご案内

いよいよ明日は運動会です!!ご覧のとおり、正門前に飾るお迎えのモニュメントもできあがりました。月組さんみんなで、ひまわりの花を描き、明るさとがんばるパワーを表現しました。このモニュメントが皆様をお迎えいたします。

★園児の皆さんは、8:30集合です。遅れないように登園してください。保護者のみなさま、明日一日、どうぞよろしくご協力ください。

★卒園児(小学生)の皆さん、11:00頃、集合してくださいね。

★未就園児(小さいおともだち)も10:00頃、ご集合ください。お待ちしています。

◎駐車場は、本園の駐車場に加え、市役所北側駐車場をお借りしていますので、ご利用下さい。

 

明日一日、小さな体で一生懸命頑張る子どもたちに、温かい声援を送っていただき、笑顔輝く運動会になりますよう、願って・・・よろしくお願いします!

 

2013年9月28日

秋の風景

すっかり秋らしくなりました。

さわやかな秋空が広がり、稲刈りを待つばかりの田んぼの美しい風景がそこかしこに広がっています。黄金色の稲穂 が風に揺れ、豊かな穀物の実りに感謝の気持ちがわき起こるこの秋の季節。子どもたちとも身近な景色の美しさに身を置き、さわやかな空気を吸い込み、五感で感じたいものです。お休みの日には、レジャー施設や大型店でのお買い物だけでなく、ちょっと足をのばせば見ることのできる秋の自然の中に、親子で身を置いてみるのも良いかも知れませんね。

 

 

 

2013年9月26日

たんぽぽの会

今月、新しく立ち上げられた、「たんぽぽの会」の皆さんです。

在園児の保護者で構成される保護者会を同世代の子どもの親として横の軸と考えれば、この会は、卒園児の保護者、在園児の保護者、これから入園される保護者・・・と言う風に、いろんな世代の縦の軸として、保護者同士のつながりの会です。楽しそうでしょう?メンバー制ではないので、その時々でさんか出来るそうですよ・・・。終始楽しい笑い声が響いていました。

 

毎回、何か園の子どもたちのためになることをして手を動かしながら、お茶を飲みながら、子育てや身近な話題に花を咲かせ、ほっとひと息、、、つながり合う会に!と言うことで、昨年度の卒園児のお母さんたちにより始められました。今回は、このような、はながみでお花を作ってもらいました。これは、今週末の運動会の「ココ・ナッツ」という楽しい全園児のおゆうぎで、子どもたちの手を飾ります。ご協力に感謝です。

さあ、次回はどんな会に?楽しみですね。

 

 

 

中学生の職場体験・教育実習生

今月は、柳城中学校のお姉さんたちが、3日間、職場体験に来てくれました。とにかく子どもたちは大喜びで一緒に遊んでいました。中学生のお姉さんたちも、幼稚園時代に戻ったような表情です。「さあ、どこまで積めるかな?」

 

外遊びの後の手洗い場。「順番だよ!・・・一緒にしようね。」頼もしいお姉さん先生たちです。

 

 

短い時間でしたが、やはり「さよなら」は淋しいもの・・・所属クラスのひとりひとりと握手してお別れしました。「またね、どこかで会おうね・・・。」

 

こちらは、教育実習生のお姉さん先生。新しい手遊び「ぱんやさんへおかいもの」を教えてもらいました。力加減に気をつけながら、お互いの顔にふれ合いながら、楽しい歌声が響きます。子どもたちの心に近づこうと懸命に向き合うフレッシュな先生のひたむきさは、きっと子どもたちに通じていることでしょう。長年、保育に携わっている私たちも、このような若い先生たちの感性や取り組む姿にふれ、あらためて、保育の原点に立ち返らせてもらうことも多いものです。実習中、子どもたちから得た「大切ななにか」を大切に、勉強に励んでいただきたいと願っています。